Home >> 石垣島 麺類 >> 石垣島 そば処 まーさん道
Page: 1/4 >>

石垣島 そば処 まーさん道

〒907-0012 沖縄県石垣市美崎町3

 

石垣島の中心地にあり、女性が1人でも気軽に入りやすい雰囲気で迎えてくれるお店

入り口は赤い柱と赤い提灯がシンボル

ちょっと沖縄そばを食べたい、とか、ちょっと飲みたい、なんて時にも寄り易いのはありがたい

きっちりと丹念こめて豚骨を煮込んで作られた味と出汁を感じるオリジナルスープに、沖縄そばではちょっとめずらしい、丸太麺を使っています
そばを食べるときはぜひともこのお店自慢のソーキを!ソーキは沖縄の豚のアバラ肉煮込みですが、しっかりと煮込まれたソーキは口に入れればすぐにわかるトロトロ具合
ここのソーキそばが1番好きという方も多く、石垣島へ訪れた際はこのお店へ必ず寄るというお客さんもいらっしゃいます

その証に、たくさんの名刺や航空半券などが店内の壁に貼られていました

もちろん、石垣島ならではのフードやお酒も揃っており、昼からオープンしている店内で昼間からオリオンビールをひっかける事も可能!

SHO | comments(0) | - | pookmark | category:石垣島 麺類
Home >> 石垣島 ライブ・バー >> 石垣島 ライブ・バー 芭蕉布

石垣島 ライブ・バー 芭蕉布


〒907-0012 沖縄県石垣市美崎町12-12

 

八重山ご出身のオーナーさんがオープンさせた民謡ライブの店「芭蕉布」

このオーナーさん、八重山民謡の唄者として有名で、BEGINにも天才とよばれている鳩間可奈子さんの親御さんなのです

鳩間ファミリーとして全国でもライブ活動をされているご家族なので、そのファンの方がこの店を訪れることも多いようです

オーナーさん自らが三線を引いてくれて、沖縄に古くから伝わる民謡や、さらにはリクエストにも応えて新し目の曲まで多種多様な曲を生演奏で聞くことができます

その明るい雰囲気に集まった幅広い年齢のお客さんたちが、自然とカチャーシーを踊りだすのはまさにこのお店の良さを象徴してくれる光景
みんなで泡盛などの美味しいお酒を飲みながら、本土の観光客も現地の人も関係なく談笑し、歌って、踊る、このお店ならではの楽しみ方です

石垣島にはこういった民謡酒場と呼ばれるジャンルのお店も多いのですが、とくにこの芭蕉布は人気の名店でもあります

ドリンクはオリオンビール、泡盛、ソフトドリンクなどが揃っていて、チャージが1000円でお通しがついてきます

最初のライブタイムは21:00頃からスタート
その後はランダムでライブが2回ほど行われますが、その日の様子によってお客さんが飛び入り参加して歌ったり、だいたい最後のほうになるとみんなが踊り始めます

沖縄らしい思い出の一夜をすごせるナイスなスポットです

SHO | comments(0) | - | pookmark | category:石垣島 ライブ・バー
Home >> 石垣島 レストラン >> 石垣島 農家焼肉レストラン

石垣島 農家焼肉レストラン


〒907-0012 沖縄県石垣市美崎町7-6


石垣島離島ターミナルから徒歩5分の好立地

日曜や祝日も夜23:30まで営業しているレストランです

ここの特徴としてまずは、質の良い石垣牛がかなりリーズナブルな価格でいただけるところ
独自のルートで入手し、独自技法で仕込み、原価ギリギリで提供されているのだとかで、生でも食べられるという特選カルビはまさに新鮮さの証明
ホルモンも臭みがなく、こちらも安く美味しいものが食べられます
肉だけではなく野菜へのこだわりも!

さらにこのお店の特徴として焼き方を選べるところ
ガスの鉄板焼きか、石垣島の木炭を使った七輪焼きがお客さんの好みで選べ、さらに
煙のニオイも少ない店内は気遣いが感じられます

内装も凝っていて、天井には石垣島の古民家を感じさせる赤瓦の屋根がみえたり、細かいところにこだわりを感じる暖かい雰囲気のお店

店内も広々としていてオススメの焼肉レストランです

SHO | comments(0) | - | pookmark | category:石垣島 レストラン
Home >> 石垣島 麺類 >> 石垣島 麺類 来夏世

石垣島 麺類 来夏世

〒907-0023 沖縄県石垣市石垣203

 

石垣島で麺類が食べたいと言えばやはり八重山そば

 

ここ石垣島をはじめ八重山地方に伝わる、細めのストレート面をつかった豚骨ダシスープのあっさりしたほんのりお甘みのある沖縄そばです

 

その八重山そばを食べる際に石垣島でも有名なのが、この来夏世(くなつゆ)で、八重山そばの中でも特にこのお店のものが美味しいと評判が高く、ガイドブックなどでもよく取り上げられたりしています

 

外観はほとんど民家ですが、石垣とハイビスカス、生い茂った緑に囲まれた中に木製の看板があります

アクセスは空港から30分、フェリーターミナルからは5分ほどと、市街地からも近い好立地にあります

 

外観からもわかるように、内装も民家を改装したものなので、どこか懐かしい感じがする中でいただく優しい味の八重山そば
沖縄そばには欠かせない調味料「コーレーグス」と、八重山オリジナルの胡椒「ピパーチ」が備えられており、これらを自分好みの量でまぶして食べるのが八重山そば

 

そしてこの来夏世のメニューではセットのサイドメニューにあるご飯物も美味しく、ここのジューシーはしっかりと味が染み込んでいて早めに行かないと売り切れていることもしばしば

営業時間も11時から14時とちょっと短めなので早めに行ってみましょう

SHO | comments(0) | - | pookmark | category:石垣島 麺類
Home >> 小浜島 グルメ >> 小浜島 グルメ サヌファ

小浜島 グルメ サヌファ

〒907-1221
沖縄県八重山郡竹富町小浜758-1
 


サヌファは本店と支店の2店舗を小浜島へ出店していて、さらに宮古島に島バールとして1店舗を運営している人気店です

聞きなれない言葉が店名となっていますが「サヌファ」とは沖縄で呼ばれている植物であり、よく森の中などの草むらに入ると服にくっついてしまうあの草の事を意味していて、「お客さんがくっついてほしい」という願いが込められているそうです

支店はランチ営業もしていて、夜18時から23時ころまでは本店も支店も営業しています

なんとサフファはホテルまで送迎してくれて、オシャレな店内はきっとお子様ずれやカップル、女の子同士の旅行などでも喜ばれる場所だと思います

おしゃれなカフェのような内装で、そんなに広くはない店内ですがその規模感がまた落ち着いた雰囲気で和みます

そのシーズンの旬な食材をつかったメニューで、沖縄ならではの料理も豊富に揃っています

SHO | comments(0) | - | pookmark | category:小浜島 グルメ

Category

Link

Entry

Archives

Feed

etc

人気ブログランキング
ランキング参加中
ブログ王ランキングに参加中!
ブログランキング


Sponsored Links